検索

3.11




こんにちは、若女将です。


東日本大震災から11年。


東北人にとって大切な節目の日です。


3月11日の今日、久しぶりにパンを焼いてお客様にお出ししました。



なんとか手に入った食材で、温泉を求めるお客様に癒しをお届けできたら…と、被災から1ヶ月で再開した宿の営業。


牛乳やパンがなかなか手に入らなかったあの頃。


お客様の喜んでくださる顔を思い浮かべて…。


お出しできるものも少ない中で、ご宿泊くださったお客様たちに喜んでいただけることをしたい!と考えお出ししたのが、手作りのパンでした。


時は経っても身近な人の大切さ、


そして旅館という生業の本来あるべき姿を忘れてはいけないな、と思う特別な1日です。


夜にはお客さまにもキャンドルをお配りしてキャンドルナイト。



たくさんの人の幸せと、平和を祈って…。